【JR西日本氷見線・城端線】ベルもんた

2019年3月

トップページ乗って楽しいおすすめ列車>ベルもんた

「ベルもんた」は、JR西日本氷見線もしくは城端線で週末中心に運転される観光列車です。
正式には「ベル・モンターニュ・エ・メール」で、フランス語で「美しい山と海」という意味です。
一般のキハ40を改造した1両編成で、車内はボックスシートや窓に向かったカウンター風の座席などがあります。
沿線の砺波市の伝統工芸品「井波彫刻」も展示され、予約制ですが車内で寿司も賞味できます。
その寿司も車内で職人さんが握るという珍しい光景が見られます。

全車座席指定の快速列車で、普通乗車券のほかに大人520円子供260円の指定券が必要です。
青春18きっぷでも別途指定券を購入すれば乗車できます。


ベルもんた
ベルもんた
左がベルもんた。右の改造前の同形式の車両に比べると高級感がある。

立山連峰や富山湾をイメージしたシンボルマーク。





ベルもんた
ベルもんた側面








ベルもんたシート
ベルもんた座席
ボックスシートにはテーブルを設置。

窓に向かった座席もあり、窓も大きい。





ベルもんた吊り手
ベルもんた
高岡銅器をイメージした吊り手。

井波彫刻も見ごとだ。





ベルもんた
ベルもんた
車端部には売店のほかに寿司カウンターがある。

車内で寿司を握るのも珍しい光景だ。





ベルもんた
ベルもんた
沿線の名産も展示されている。

酒類の販売も行っており、ほろ酔いセット1500円(富山のお酒とホタルイカ、シシャモのなどのおつまみ付き)もある。





関連ページ
青春18きっぷ【JRグループ】
【JR西日本七尾線】花嫁のれん